Spritual Anatomy®によるスピリチュアルと心理学のセミナー・ワークショップ

 

 

ホワイトマジックは、使う人によって

ブラックマジックに変わってしまうところがホワイトマジックの恐ろしいところなんだ。

 

見る人が見てもホワイトマジックそのもの。

 

じゃあ、ホワイトマジックはどういうときに使うと

ブラックマジックに変わってしまうのか。

 

 

”愛に飢えた人が使うとホワイトがブラックに変わる。”

 

これってまさにスターウォーズの世界と同じだね。

同じ能力を持ってしても、使う人によって

ライトサイドとダークサイドに別れてしまう。

 

 

 

愛に飢えた人が一番に欲しがるものは

パワーなんだ。

 

 

つまり、

地位を得たい、認められたい、ちやほやされたい、すごいって言われたい、

こういった心の渇きを持った人がパワーに集まってきてしまう。

 

 

私、目利きが鋭い人なはずなんだけれど、

弱点があってね、

疲れてくると目利きが効かなくなって、

全員良い人に見えてきちゃうんだ。

ちなみにババアになったらこの目利きが全く効かなくなりそうなんで、

この仕事は早めに引退しようと思ってる。

 

 

でも、私には責任があるんだ。

ホワイトマジックを使いこなせる人を育てる責任がある。

せっかくもらった能力。しっかりジェダイを育てないと。

ホワイトマジックの使い方を教えることが私の仕事なんではなくて、

ホワイトマジックを使いこなせる人間の強い心(ジェダイ)を育てるという大きな責任があったんだ。

そうじゃなきゃ、この世にブラックマジシャンを増やしちゃうってことだよね。

それは困る。

 

でも、ホワイトマジックと見せかけたブラックマジックに集まる人も、

やはり愛の枯渇に叫びを上げている人なのかもしれない。

 

 

こうして忘れないようにブログに書き留めておこう。

よしよし。

 

 

でも今日はさすがに疲れた。

 

本書けたよ。

しかもすごくいい本。

 

何年も、責任感だけで走り続けてきた。

自分にもらった能力で一人でも多くの人を目覚めさすために。

 

でも、本が終わったら、

少し休みたい‥。

 

 

2018 MOMOYO’s Summer Event

マジカルトークライブ
7月22日
Osaka, Japan

ホワイトマジック
2DAYS セミナー
Tokyo, Japan