Spritual Anatomy®によるスピリチュアルと心理学のセミナー・ワークショップ

この世には二つの成功者がいるね。

1つは3次元でお金を稼ぐことに成功した人。

もう1つは5次元に上昇してしまった人、だけど3次元からその人のことを見ると

とても成功しているように見える人。

 

どちらもたくさんあるけれど、

この両者の大きな違いは ”幸せ感”。

もちん後者の方が断然幸せである。

 

このところずっと、3次元から5次元に

意識上昇する話をしているんだけれど、

この話題で大きなポイントになってくるのがお金の事。

 

お金は人を一番エゴイストにさせ、人をものすごいエネルギーで執着させる。

この3次元で、お金という夢から目覚めることは、難関問の一つである。

ゲームでいうところの第1面の最後の敵を倒すところに来ているとも言える。

 

 

ゲームで最後の敵を倒すには、

自分が強く2面に行きたいと思わなければならない。

 

 

そこで、私は2面(5次元にいる成功者)に存在する人の話をしておきたい。

 

彼らは、お金を稼ぐために仕事をしていない。

本人たちがそれに気付いているか、気付いていないかは別として、

魂の使命をひたむきに生きているのである。

 

宇宙を会社と見立てた場合、

社員が会社のために働くのであれば、

必要経費は出すだろう。

5次元の成功者というのは、

宇宙の社員として一生懸命働いている人のことなのだ。

つまり彼なの目的は、宇宙という会社で役に立ち、成果をあげる事。

その代わり、宇宙から必要経費と報酬が支払われる。

 

 

それに比べ、3次元で1面をクリアーするために

存在する人の”お金”というのは、

学生がバイトでお小遣いを稼ぐようなもの。

これと言って宇宙という会社の役には立たない。

だからおりる経費も少ないよね。

お金の使い道も自分の気持ちを満たすためのものがほとんど。

3次元でお金を稼ぐ事に成功している人ももちろんいる。

アルバイトだってたくさん稼ぐ人いるものね。

でも宇宙的ポジションではアルバイトなの。

認められはしない。だから幸せ感は得られないと思う。

 

それに比べ、もっぱら5次元の人は、

お金が欲しくては働いていないだろう。

宇宙という会社で成果を残す事に情熱を感じ、それで頭がいっぱいなのだ。

そのやり甲斐と使命で喜びで満ち溢れているのだ。

 

しかし3次元にいても、”もっとお金が欲しいのである!”

と思うのであれは、宇宙という会社で役立つ人になっていく事だ。

私生活を満たすために必死にお金を稼ぐのではなく、

何かこの世に貢献し始めれば良い。

そして目的と意識をそちらにむけてひたすら頑張っていれば、

気づけば、1面の最後の敵は倒れているのだろう。

 

 

 

 

2018年次の次元へ移行したい方のためのイベント

↓↓↓↓

Spiritual Anatomy®ドラゴンゲートセミナー

セミナー日程:3月30日ー31日

詳しくはこちら