Spritual Anatomy®によるスピリチュアルと心理学のセミナー・ワークショップ

私はよく、楽しい事が魂の役割だとと話したりするのですが、

こう話すと、

 

楽しい事がわかりません。

私の役割ってなんですか?

リーディングしてください!!

そうおっしゃられる事が多いです。

 

生きていくうえで、自分が何をしていると楽しいか

わからないというのは実は結構辛いんです。

私も長い間この状態だったのでよくわかります。

でも実は私達が本当に探している

楽しい事って実はではなくて、

楽しんでいる自分って事なのですよね。

私達は人生を楽しいと感じている時間というか

その体感を探しているわけなのです。

 

苦しいよりはそりゃ楽しい時間を過ごしたいですよね。

 

ただ、魂の役割さえ知る事ができれば楽しい時間が過ごせるという事や、

楽しい事が何だかわかれば楽しい時間が過ごせるという事では

全くないのですね。

 

私達は、楽しいとか嬉しいとかこれが嫌いだとか

内側から自然と沸き上がる自分のキャラクターみたいなものが

あるのです。

センサーみたいなもの。

これが胸の内側にお仏壇のお骨のように

大切にしまわれているのです。

 

このセンサーが魂と呼ばれるものなのかもしれませんが、

私達はセンサーの存在を忘れてしまいました。

センサーがそもそも脳に信号を送り、

脳はセンサーからのメッセージを受けてそれを

この世で行動に移すための役割だったのに、

ほとんどの人、辛くてどうしようもな人とは

脳(思考)だけで生きてしまっているんです。

センサーが感じられなくなっているのです。

 

これは光の量を増やす事でセンサーの感覚が強くなってきます。

ですから人生が楽しくなるのです。

出来事は変わりません。起こる事は起き続けるのです。

ですが、出来事の捉え方が、

脳(思考)で捉えるかセンサーで捉えるかによって、

幸せ感が変わってくるわけです。

つまり仏壇の扉が開き。。。ガタガタガタ。

 

夏の日本行きに向けて、

皆さんへのお知らせを作ったりしていまして、

まだお申し込みを開始していないのですが、

すっごくたくさんの方からお申し込みの連絡を

事務局にいただいたようで、

ビックリしました!!

 

事務局の方に、決まってから記載してください!

とおこられる始末。。。

 

皆さんもう少しお待ち下さいね。

でも皆さんからのメールを本当に嬉しく思っています。

どうもありがとうございます♡

 

いつも広告とか作りながら、

誰も見てないんだろうなーって思っているのです。

会場とか押さえながらも、これだーれも来なかったりして。

どーしよ〜。

って毎回毎回思うのです。

 

いつもたくさん来てくださって、奇跡としか思えないんです。

本当に、毎回振り返って不思議で仕方がないんです。

でも私が会場の誰よりも楽しんだ事だけは間違いないのですが。

 

人間の私なんて本当にこんなもの。

やっている事に確信もなければ、

未来が見えているわけでもない。

 

ただ感じるままに過ごしているだけで

皆さんと全く同じです。

 

いつも会場を予約する時に、

会場側の人にね、セミナー内容はなんですか?って聞かれるのです。

まあ、普通聞かれますよね。

 

これまでは、心理学講座ですって答えていました。笑

 

でも今回は、本当に私がやっている事を正直に会場側の人にも

知っていただきたくて、申込書にウェブサイトのアドレスも記載し、

セミナー内容のところにも全部正直に書いて送りました。

 

答え↓↓↓

今回はお申し込み頂きましたが、

利用条件の18条に該当する内容と判断し、

ご利用はご遠慮いただく事となりました。

 

18条とは?!

宗教団体、洗脳を促す行為と見なす活動目的のご利用は

お断りしております。

 

(´・_・`)。。。

 

日本やアメリカは本当に

洗脳を促す宗教団体が多いそうです。

それなのでこういう回答は仕方がないのですし、

想像通りだったのですが、

こういう団体のお陰でなのか、よくわかりませんが、

私達の自然の姿ごくごく当たり前の姿や感覚のこと

スピリチュアル、特殊能力、サイキック、とか言葉を使って

伝えられるようになって、なんだか人間の領域ではないような

不思議で奇妙な世界のように言われ方をするようになってしまったのではないでしょうか。

 

私はこのワークを誰からも教わった事はありません。

これまでいろいろなテクニックを学びましたが

どれもしっくりこなくて、

でも知りたい気持ちが抑えられなくて

探しまわって、

もがいていた時に、

ある日、このスキルを全部思いだしました。

 

そう、私が探していたのもやっぱり内側の感覚。

本当の私だったのです。

 

そして一度その感覚に気が付くと、感覚は

どんどん増していくのです。

すると宇宙にどうしても到着してしまうのです。

なぜなら内側の私達は宇宙の一部、細胞だからです。

 

私達は宇宙によって生かされているのに、

宇宙と言う言葉を使った瞬間奇妙に思う人々。

どうして?

私は不思議で仕方がないんです。

 

本当の自分ってなんなんだろう、

何で生まれて何で生きているのか?

不思議に思ったり、不安になった事はないんだろうか?

人間は人間だけの感覚じゃ孤独なんです。

人間だと信じている限り、分離感が付きまとうからです。

 

さてさて、時に宇宙と繋がりすぎると、

面倒な事もありますよ 笑。

 

昨日は龍のワークを日本でやるかやらないか

もの凄ーく悩んでいたんです。

龍ってね、本当に凄くパワフルで、

人も簡単に変われてしまうのです。

受ける人からすると、それって凄く素敵☆

と思われるかもしれませんが、

人間の私が一番付いていけてなくてね。

 

こんなにどんどん人を変えてしまっていいんだろうか。

これが本当に龍の望みなのだろうか。と。

でも実際ワークをすると、いつも凄く感動してしまって

やって良かった♡って思ってしまうのですが。

 

素の私は、時々そんな事を思ったりします。

でね、今回の日本滞在は龍のワーク無しでもいいっかなって

思っちゃったんですよ。

 

そしたらその日の朝娘を学校に送りに行く途中、

顔に龍の入れ墨をいれたおじさんが横を通り過ぎて、

その人よく見たら着てる服が全部龍で、龍の絵が描かれたド派手な

車に乗り込んでいったんです。

そしてその日のセッションは朝からクライアントさんが

龍の話をする人ばかり。

 

今度は、娘が学校から帰ってきて、

宿題の本読みをしているのを聞いていると、

なんと!!

ストーリーが龍。。。

マミー、これマミーの本?

ちげーよ。

更には、マミー、テレビ見ていい?

うんいいよ〜。

と言ってテレビをつけた瞬間、

龍のマンガっ!!

その日は早くお風呂に入って寝ました。

いや正確には寝込みました。

人間を超えた時、

大いなる存在が私達の人生の中に存在します。

一番そういうの信じていない私ですが、

最近は追いかけられるパワーややり方が半端ないんです。