Spritual Anatomy®によるスピリチュアルと心理学のセミナー・ワークショップ

事務局の人が最近、私に面白いコメントをくれました。

“MOMOYOさんのクライアントさんって、セッションを受けるごとに

段々メールでの問い合わせ方が丁寧でこちら側に気遣いをくれる

ようになる気がするのですが気のせいでしょうか?” ってね。

 

私も今のように忙しくなる前は、

クライアントさんや生徒さんとのメールのやり取りはすべて自分でしていました。

 

もちろんすべての方に当てはまるわけではないけれど、

本当にそうなんです。

最初の問い合わせやその後数回の問い合わせは

時にとても乱暴なメールである事も多々あります。

 

“私は、精神的に病んでます。

セッションであなたは私に何をしてくれるのですか?

受けると何が変わるのですか?

返金制度はありますか?効果がないと返金してくれますか?

お金にも余裕がありません、セッション料金を払う価値はありますか?”

 

このようなメール内容だった方でも、

数回セッションを重ねるごとにね、

 

“事務局様、いつもお世話になっております。

いつもセッションを楽しみにしております。

そちらさまのご都合はいつがよろしいでしょうか?

ご都合をお聞かせ下さい。お待ちしています。”

 

こんな感じに変わってしまうのです〜!!

ウソみたいですが、本当です O(≧∇≦)O

 

後方のメールは前方のメールに比べ、

相手側への気遣いが入っているのがわかりますね。

 

大した事無いように思う人もいるかもしれないけれど。

私はこれって、人生のすべてのような気がします。

生きていて人に出会わない事、触れ合わない事って無いと思うのです。

よほど引きこもらない限り。

スーパーにお買い物にだって行くだろうし、その時には

お金をレジの人に払って、おつりを貰って。

 

内側の宇宙が開いてくると、

段々こどものようになっていく。

子どもに戻って行くと言ったらいいのでしょうか?

人目が気にならなくなるし、

いろいろな思い込みがバラバラとはがれて行って

すごく自由に動けるようになります。

自由に動いている自分に気付いて行くと言ってもいいかもしれません。

 

こう話すと、

では私はセッションを受けると

凄く自己中でワガママになってしまいそうで怖いです。

と良く言われる方がいます。

 

ですがこれこそが大きな思い込みでね。

内側の宇宙は まぎれも無く『愛』なのです。

 

これまで一生懸命、

意思の力で周りに気を使っていたとしたら、

それはやりたくてやっていたわけではないでしょう。

ですが内側の宇宙を開いた時、

身体全身に愛が巡るのです。

 

少しその瞬間を想像してみてください。

すべての人が大切に思えるでしょう。

すべての人に優しくしたくて仕方が無くなるでしょう。

 

愛とは自然に湧き出るものです。

だから自然と人への言葉使いや行動が変わる。

気を使いたくなると言ったらいいのでしょうか?

そして自分には思いっきりわがままになれる。

やりたい事はとことんやって、

いっぱい笑って、いっぱい食べて、疲れたら寝る!!

 

すっごく子どものようだけど、

自分に対して自然でいられるから、

無理が無いから、人にも自然と優しく出来る。

この状態が本当の意味で大人になるって事のような気がします。

 

人に優しく出来ないより、

人に優しく出来る方が生きやすい。

人に気づかえないより気づかえる方が

断然人から喜ばれる。

 

すべては見返りを求めてやる事でも、

褒めて欲しくてやる事でもなくて。

自分が自然体である時に、

私達は元々そういう存在なのです。

私達は優しい。私達は人が大好き。

本当の存在を思いだすだけでいい。

 

本当の自分を取り戻す、

今はただそれだけでいいのです。

本当にそれだけで、今とは全然違った世界を

生きられるようになるでしょう。

それはあなたの宇宙が咲くからです。

 

Universal worker course

 〜好きな仕事が魂の役目〜 in London

詳しくはこちらから。

お問い合わせお申し込みはinfo@momoyoworks.comまでお願い致します。