Spritual Anatomy®によるスピリチュアルと心理学のセミナー・ワークショップ

タイトル「自分という存在の理解の仕方」

明けましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願い致します。

私は楽になるためにという言葉をわりとよく使ってきました。
それは私自身が摂食障害だった頃に、
人生が楽ではない!と
感じたからこのような言葉を使うようになったのだと思います。

もちろん、このブログを読んで下さっている方
全ての方が人生が楽じゃないと感じているわけではないと思います。
でも、 ご自身の事をよくわかっていなくて
ご自身に振り回されている人は結構いるのではないかと思います。

まあまあ辛い人も、まあまあ楽しい人も、
自分と言う存在を理解する事で、必ず今よりも人生を楽しむ事ができます。

私はスピリチュアルという言葉をよく使いますが、
私自身、一般的にスピリチュアルと呼ばれる事には驚く程に
興味がありません。
一般的なスピリチュアルとは、
目に見えない世界のことだとか、サイキック能力とか、不思議な世界のこととか、そういう意味合いなのですが。

皆さんに知って欲しい事があります。
本当に人生を楽しむにはご自身を理解する以外には
方法がありません。

私の病気が消えたのは、
私自身が隅々まで自分を理解したからです。

時々、こう話すとご自身を理解する事が
楽しい事や楽になるためにやることなんだと思われるかたも
いますが、ご自身を隅々まで理解するのは結構大変です。

例えばCOCORO Collegeの生徒ですと、
3年間ずっと、ご自身のペースではありますが
私の個人セッションを受けて下さっています。
私は彼女たちに受けなさいと強制する事はまずありません。
ほんの一部の生徒ではありますが、
なぜ個人セッションを受ける必要があるのか?という意味を心底理解しています。
それは個人セッションの後、
真の自分に出会うからです。

個人セッションを何度か受けていただく以外に
今のところ私はその人が真の自分を発見してあげる方法が見つかりません。

私がこう話す理由の一つに、
多くの人は本当の自分を過去の記憶の中に置き去りにして来ているからなのです。
なぜそうなのかはまた今度詳しくお話したいと思います。
とにかく置き去りにしたご自身を取り戻しに行かなければならないのですが、
その為にはその方の意識をじっくりと観察させていただく必要があるのです。
これはセミナーでは一人一人とてもじゃないけれどできません。
それに一人の方の意識をじっくり観察し、
そこから真のその人を見つけ出すには結構時間がかかります。
そしてその方が私を100%信じて下さる必要があります。
信頼関係を築くにも時間がかかります。

私が3000人以上のクライアント様を施術させていただいた経験と、
自分に起きた経験から言える事は、
ほとんどの方は育ってくる環境の中で真の自分を見失い、
環境に沿うような新しい人格を形成します。
人間はある意味、柔軟な生き物だとも言えますし、
傷つかないための防御策としてこういった機能が備わっているのかもしれません。

でもほぼ100%の人が真の自分を抑圧し、
見失ったまま生きています。

ここで
ある方の感想文をご紹介させて下さい。

↓↓感想文。
私の中の思い込み、信念、コアビリーフを見事に引き出してくれたのがMOMOYOさんのセッションでした。
MOMOYOさんは、私の中にずっと何年もあったもやもやしたものを、言葉で引き出してくれました。
私はその思い込みに衝撃を受け、その後何日か頭の中がフリーズしている感覚があり、それが落ち着いた頃に何かが変わっているのです(多分、そんな気がしてなりません)。
それは、とても衝撃的なことで、私の中の何かがひっくり返る感じなのですが、それほど私はその思い込みを信じていたのかという事実にも同じく衝撃を受け、本当に衝撃的なことだらけなのです。

そんな衝撃が、7月からセッションの度に何度もあり、最近では母のことがでてきたり、本当に私の癒しがどんどん進んでいるなぁという感覚があり、それがとてもうれしくもあります。
何年もの間もやもやしてスッキリしなくて苦しかっただけに、この半年で起こった出来事はまるで夢のようです。
今年の後半は私の中の変化がめまぐるしく、めくるめく日々だったのですが、改めて、MOMOYOさん、MOMOYOさんのセッションに感謝しております。
2016年はとてもお世話になり、ありがとうございました。
以上。

この方がおっしゃって下さる
思い込み、コアビーリーフ、というのは
先ほど私がお話した“育ってくる中で形成される新たな人格”
の事を指します。

これを考えると結構恐ろしいですが、私たちは自分ではないけれど
自分だと信じている人格を生き続けているのです。
さて、この人格がぼろっと消えてなくなったとき、
どれだけ開放感を感じる事ができるか。
どれだけの幸福感と愛に満たされるか。

ここで初めて
内側から自分が本来持っていた愛に出会えるのです。

すると誰かに愛をもらわなければパニックになることも、
そうするために生きる必要もなくなります。

もっと素晴しい事は、
人を純粋に愛する事ができる。

家族や、これまで憎いと思っていた友人のことが、
愛おしくてたまらなくなる。

そして次に思う事、
人生はたったこれだけのためにあるんだと気付く事です。

素敵なパートナーさえ見つかれば!
彼さえもっと優しくしてくれれば!
お給料さえ良くなれば!
この試験に合格さえすれば!
もっと痩せられたら!
この病気さえ無ければ!

こうやってゴールがない幸せを
探す必要がなくなるのです。

上記の事が満たされる事は
悪い事じゃないし、
どんどん満たせばいい。
でも本当の幸せは
この人生において純粋な愛を感じ、
与える事なんだと思う。

先ほど、
個人セッションを沢山受ける以外に方法を
知らないと言いました。
これは私の正直な言葉です。

ですが私の身は一つ。
個人セッションの予約が爆発しております。
それに無料ではありません。
私も人間、お金を稼がなければ生きて行けません。

でも皆さんの幸せを願うともどかしい気持ちになります。
宝くじが当たれば、
ボランティア活動がしたい。
そんな風に思うのです。

でも、嘆いていても仕方がない、できるだけ沢山の人に、
会える人から会おう。
そう言い聞かせています。←納得しているわけではありません。

私なりに
悩んで悩んだあげく、
2つの方法が浮かびました。

1つは、人間論といいますか、
MOMOYO心理学を皆さんにお伝えする事でした。
人々の意識の仕組みは学ぶだけでも
かなりご自身を理解するのに役立ちます。
これがCOCORO Collegeの私の活動内容です。
もちろんプロを目指していただけるコースですが、
私の中にある一番の目的は、
生徒になって下さった方が、
一般の方よりも少し長い時間私と過ごしてくれる事で、
ご自身という存在の理解を深めてくれる事です。
贅沢を言うなら、
それが出来た人から他の人にも広められる人になって欲しいという事です。

2つ目は、
とても宇宙的なワークです。
このワークをする人がMOMOYOだと思っていらっしゃる方も
多いかもしれません。
私がセミナーやワークショップでさせていただくものです。
これは、皆さんのマインドをシャットダウンするというもの。
手をかざすと人がぱたんぱたん倒れて行くので、
魔法と呼ぶ方もいます。
これは人々をマインドからはずし、
強制的に魂の感覚に落とし込んでいくものです。
人々が一度でもこの感覚を体験した時の衝撃は凄い。
だって産まれてこの方、マインドから外れずずっと今日まで
来たのだから。
舞台上で一度ぱたんと倒れ、その後起き上がって来た人たちの
顔はまるで生まれたての赤ちゃん。
まさに、“我に帰る”という状態。
ほとんどの方はしばらく放心状態です。
私たちのマインドはとてもうるさくおしゃべりで
私たちをネガティブな考えへと引っ張って行きます。
ですから時々、マインドをシャットダウンすることは真の自分を思い出すためにはとても大切です。

さて、長いブログを読んでいただき
ありがとうございます。

2017年の私の抱負を書きます。
今年は、沢山の方にご自身の意識の仕組みを理解していただける
ような活動をもっとして行きたいと思っています。
昨年までは、魔法を使ってワークをし、
皆さんのマインドをシャットダウンする事が多かった。

でも今年はこのどちらもを同時に皆様にお届けしたいです。
そうすれば皆さんがより早く本来のありのままのご自身を取り戻して頂けるからです。

本年もよろしくお願い致します。

 

✳︎本当の自分に生まれ変わるためのプログラム✳︎

Momoyo来日セミナー

2017年8月26/27日 詳細はこちらから.