Spritual Anatomy®によるスピリチュアルと心理学のセミナー・ワークショップ

今日は夢の中で、

とても有名なミュージシャンにワークをしていました。

 

よくやるんです、夢の中でワーク。

 

 

その方は、

才能もあり、努力家で、有名で、

外から見ると文句なし!!

の方なんですよね。

 

 

でも、いざ私のセッションを受けにくるとさ、

プレッシャーで眠れない、

身体の具合が悪い、

自分にはいつも苦労がつきまとう、

といろいろと悩みが出てくるわけ。

 

 

私はその方を見ていて、

それだけ大きな使命を持って生まれたんだから当たり前じゃん!

と言いたくなるわけです。

 

夢の中で私はその方に怖いこと言いました。

「さっさと目覚めちゃえばいいのに。目覚めさせてあげようか?」

とびっくりするぐらい上から目線で、

そして得意げに言い放ったのです。

 

 

朝起きて、

そんな自信満々な自分に、げっそり。。

 

でもね、まんざらでもないこの夢の中でのセッション。

 

使命が大きということは

試練も苦労も大きいのです。

 

 

人は目覚めていない間は、

この苦労から逃れたい。

幸せな生活がしたい。

と思ってしまうものです。

 

何のためにこんな苦労をしなきゃいけないのか、

意味がわからないからです。

 

 

しかし、

目覚めるということは、

苦労や試練の意味を知ることでもあります。

そしてまた、

その苦労や試練さえも自分で作り上げていたことに気がつくのです。

 

多くの人は、苦労や試練から逃れるため、

またはそれを受けないように必死に生きています。

 

 

しかし、

私たちの人生での本当の目的は、

そこではないのです。

 

 

目覚めればわかる。

すべて必要だったこと。

目覚めればわかる。

すべてが必然で、そして自らが想像主であったこと。

 

また、自分の使命にまつわる試練が降りかかりますから、

使命をしっかりと知っていると、

試練の意味を理解し、

試練を楽しむまではいかないですが、

乗り越えるパワーが湧いてきます。

 

試練は乗り越えると

自分自身の厚みになりますね。

 

お料理も、

たくさん調味料を使うと

味に深みが増します。

試練は調味料。

 

私たちは苦労し試練を乗り越えた分だけ、

使命を大きく果たすことができるわけです。

 

いよいよ、今月スタートです!!

駆け込みお申し込み、まだ大丈夫です。

プラクティショナーコース 5月21日-5月30日in London