Spritual Anatomy®によるスピリチュアルと心理学のセミナー・ワークショップ

今日のロンドンは雪です。

せっかく春になりかけていたのですが、今週はマイナス4度になるそうです。

 

魂の使命ってある人と無い人がいるわけではなく、

全員にあると思うんですよね。

もちろんスケールやフィールドの大小はあるのかもしれませんが。

でも大きいから良くて小さいからあまり凄い人では無いとか

そいういうことではなく、魂の使命にバチっとハマれば、

ご自身の中で完全なる納得が得られるはずです。

魂の使命に出会うと、今ご自身が悩みだと感じていることは、

案外重要ではなかったことに気づき、お悩みリストから消え去ってくれることでしょう。

 

しかし!!この地球上で問題になってくるのが

”トラウマ”です。

 

 

トラウマを持ってしまった私たちにとって、

使命とはトラウマを乗り越えた先にしか見つけることができないという

仕組みになっているのです。

 

トラウマを持った私たちは同時にインナーチャイルドも作ってしまいます。

トラウマやインナーチャイルドに振り回されている間は

なかなか魂の使命は見つけにくいでしょう。

 

さて、トラウマの乗り越え方やメソットはたくさんあります。

本当は、しっかりと的確にトラウマやインナーチャイルドを

見つけられる方に出会うことが一番です。

日本には少ないですね。

イギリスのようにトラウマやインナーチャイルドが

アカデミックに捉えられないところに原因があるのかもしれません。

 

さて、私はドラゴンマスターと呼ばれるより、

トラウママスターと呼ばれたいくらい、

トラウママニアなんです、実は。

 

そしてMOMOYO流トラウマの乗り越え方は結構乱暴です。

 

 

まずはご自身が持っているトラウマに気づくことは大前提となります。

たくさんセッションをさせていただく中で、

ご自身のトラウマに気がついていなかったという方は非常に多いのです。

 

トラウマがあると、

トラウマを持ったご自身がトラウマを通して

この世の現実を経験するため、その現実は現実のようであり、

真実では無いと言えます。

言い方を変えると、トラウマがすべての現実を引き寄せてくるので、

トラウマに気づいていなうちに、現実を変えようとしたり、

引き寄せの法則を試してみても、多分無理でしょう。

 

このポイントを押さえておくことも大前提!

 

トラウマに気づくことができれば、

今度は、このトラウマを自分から引き裂いて行く作業がとても大切です。

トラウマはトラウマであり、

あなたではありません。

 

えっ?トラウマを持った自分も私じゃないの?!

と思われるかもしれませんが、違います。

簡単に決別が可能です。

 

 

トラウマが無いご自身が考えつく

やってみたいことはどんなことでしょうか?

これをやり抜くことで、トラウマのパワーは効力を失い

やがて消え去ってくれます。

 

 

でもトラウマが無いご自身が考えつくやってみたいことって

言った時に、やっぱり自分のトラウマを知っておかないと思いつくのは

難しいですよね。

 

トラウマはあなたの能力や才能を過小評価する特徴がありますから、

頭によぎってもトラウマを持ったあなたがそれらを頭から一瞬でかき消してしまう

のです。

 

 

トラウマやインナーチャイルドの発見や自覚は、

魂の使命に出会い、この世で役立つ人になるには、

本当に本当に大切です。

 

Next MOMOYO’s event

Spiritual Anatomy®ドラゴンゲートセミナー

セミナー日程:3月30日ー31日