Spritual Anatomy®によるスピリチュアルと心理学のセミナー・ワークショップ

本日もご質問にお答えしています。

 

その前にいくつかお知らせがあります。

 

本が出来上がりました!!

6月26日 書店、アマゾン、にて発売を予定しております。

今回は魔法をたくさん込めさせていただきました。

是非お手にとって魔法を感じてみてください。

それから、

youtubeにて、みなさんが日頃疑問に思っているであろうトピックに触れてお話を始めました。

MOMOYO channel もしよければチャンネル登録(subscribe)をお願いいたします!!

 

最近のトピック :世界一簡単なスピリチュアルヒーラーの見分け方

今更聞けない!スピリチュアルって一体何?

フェイスブックの私の公式ページに一番早くアップいたしますので、

フェイスブック私の公式ページ:Facebook: https://www.facebook.com/momoyosmoczyk/

LIKES !!もお願いいたします。

 

さて、今後ブログではコメント欄にご質問いただいた内容にも

お答えしていこうと思っています。

実は長年、ブログで質問にお答えすることを躊躇してきました。

理由の一つは、文章でお返事をすると

読み手のみなさんの方でご自身が持っている解釈のフィルターを通して読んでしまわれるため、

誤解が生じる可能性が非常に高いということからです。

ですが、個人セッションがほとんど受け付けられなくなってしまった今、

なかなか個人的なお悩みにお答えする機会がなくなってしまい、

やはりブログというツールでお答えしていくことが良いのではないかという

答えに至り質問にもお答えしていこうという結論に至った次第です。

コメント欄にご質問を書いていただければできる限りお答えさせていただきますので、

ぜひみなさん質問を書いてみてください。

 

では、早速。

質問内容:

はじめまして、唐突で失礼します。長くなりますので省きますが
自分が動いて対処しなければ
自分の子供の命が亡くなる場合は、どのような生き方を選択すればよろしいのでしょうか?
是非、ご教授ください。

 

まず初めに、お子様が大変な時に、

このように勇気を出してコメント欄にご質問を書いてくださり本当にありがとうございます。

お子様が1日でも早くよくなりますように、心から願っております。

 

お子様がどのような状態かが全くわからないため、

下手なことをお答えできないのですが、

これは全く私の考えです。

人の寿命は決まっていると思います。

そう思う理由の一つに、

私の父は、くも膜下出血で死にかけました。

大手術の結果、一命を取り留めました。

けれどその後、脳梗塞を3回。

しかしここでも彼は命をもらいました。

その後は糖尿病で、半死状態になりましたが、また命をもらいました。

彼はかれこれ20年生き続けています。

実は、ほんの数日前も道端で倒れ、救急車がきた時には、

意識不明の状態で救急隊員も諦めかけたとか。

けれど意識を取り戻し、現在も生きています。

 

 

医学や統計学には当てはまらない彼の生命力を見ていると、

死ぬ日まで生きるんだな。

人生はただそれだけ。

それ以下でもそれ以上でもなく。

死ぬまで生きる。

それが人生なんだと感じさせられます。

 

けれど、家族として出来る限りの事をしてあげたいと思うものだし、

絶対に助かって欲しいと思うもの。

これは人間の本質であり、

これこそがスピリチュアル。

だから私がこの方のお立場であれば、

全力で子供を救う努力をする。

そしてその子の運命を信じる。

 

 

というのが回答です。

お力になれたかどうかわかりませんが、

ご質問いただき本当にありがとうございます。

そして、お子さんが助かることを願っています。

頑張ってください。

 

 

 

 

 

さて、日本来日まで約1ヶ月ほどとなりました。

お会いできるみなさま、

楽しみにしております。

2018 MOMOYO’s Summer Event

マジカルトークライブ
7月22日
Osaka, Japan

ホワイトマジック
2DAYS セミナー
Tokyo, Japan