Spritual Anatomy®によるスピリチュアルと心理学のセミナー・ワークショップ

私に起きた不思議

私は14歳から26歳まで摂食障害に

侵されていました。

かなりいろいろな治療を試みましたが、

治る兆しは全くなく、この病気と一緒に生きていく覚悟が

できた矢先に、本当の自分に目覚めるという体験をします。

その体験は誠に不思議でなかなか言葉で表現することができる

ものではありません。

 

 

その不思議な体験をした日以来、

スーーっと私の摂食障害が消えたのです。

そしてそれだけではなく、

何者かとの会話が始まりました。

会話は約2年ほど続きました。

 

 

会話の内容は、なぜ人が心の病にかかるのか?

という問いに対する答えであったり、

人々の意識の仕組みを説くものであったり、

内容は様々でした。

ずっとスピリチュアル個人授業を神様から受けているような

そんな感覚でした。

 

 

 

私は不思議な流れで、

人々の心の傷を癒すヒーラーとして、そして人々を目覚めさせる人として活動を始めることになったのです。

この流れも本当に不思議な流れでした。

まるで何かに導かれたかのように、

そしてこの道を歩くことは昔から決まっていたかのうような。

とにかくとても不思議な流れでした。

 

 

 

2年ほど経ったある時、

イギリスで日本の方々に向けてセミナーを開催していたある日の事。

これまでコンタクトを取ってくれていた存在が

いきなり私の体に入ってきたんです。

彼が話す言葉は、完全に宇宙語でした。

でも私にはなぜかその会話の内容が全て理解できたんです。

参加者さんの一人が、

Momoyoさんの中に今入っている人は誰?

と聞いたんですね。

すると私の宇宙語がいきなり日本語になり

サナトクマーニャー!!

と言ったのです。

 

 

後に、彼が言いたかったのは

サナトクマラという名前だったとわかりました。

 

 

私の中に入っていたスピリットは5時間ほど、

宇宙語を皆にベラベラ喋った後、

どこかに帰って行きました。

以来、私にずっと語りかけてくれていた存在、

こんなにもパワフルなエネルギーを注ぎ続けてくれる存在、

私を目覚めさせてくれた存在、がサナトクマラだったのだと

理解することができました。

 

 

サナトクマラは日本の京都鞍馬山の高い次元のところに

存在しているといういわれがありますが、

私がチャネリングする限り、

彼はいろいろなところに存在します。

地球全体をを遠くから見守り、暖かいエネルギーで包み込んでいるようなイメージで見えてくるときもあります。

ただ京都の鞍馬山はみなさんがあそこでサナトクマラを思うため、

電話回線のようなものが太くなっており、

あそこに行くと繋がりやすいという事だそうです。

とは言え私も時々鞍馬山に呼ばれる事があります。

私があそこに呼ばれる時は、

新しいワークやエネルギーが降りてくるときが多いです。

この太くなった電話回線を使うと降ろしやすいのかもしれません。

彼は地球に存在する私たちの事を

子供たちと呼びます。

どんなに歳をとったおじいちゃんおばあちゃんでも

彼からすると子供たちなのだそうです。

サナトクマラのメッセージ

地球は悪臭が漂っている。

よくこんな臭いとところで暮らしているね、君たち。

もっと緑を増やし、お花を咲かせなさい。

そして頭で考えてばかりいないで、体感を肥やしなさい。

お前たちの生きやすい環境を作りなさい。

そうすると心も穏やかになり、笑いがもっと生まれる。

年寄りは年寄りで固まらず、

若い子たちに触れなさい。

もっと子供の面倒を見るのが良い。

若い子たちのストレスをそっと拭ってあげられるのは、

歳を重ねた先輩たちであるお前らの役目。

何のために長生きをしておるのだ。

若者を助けてやれ。

若者よ、もう少しゆっくり道を歩きなさい。

早く歩きすぎて、呼吸を忘れているではないか。

そんなに急いでどこに向かうのだ。

今は今しか感じることができないのだ。

とにかく笑える環境のところに足を運びなさい。

人が笑っている時の周波数が、

私たち肉体を持たないスピリットがコンタクトしやすい状態。

笑う門に福来るとはこれのこと。

 

 

 

 

本日はこんなようなメッセージが降りてきてしまい、

私のブログを読んでくださる方は、

若い方が多いので、このメッセージはどうすればいいんだろうと思いつつも。

このメッセージを頂いた時、

ミディアムだった大好きな私のおばあちゃんを思い出しました。

おばあちゃんはとにかくいつも大声で笑っていて、

笑いすぎで泣いて鼻水を流し オナラをこきました。

そんなおばあちゃんを見て私たちはまた大笑いしました。

おばあちゃんは私のお友達からも大人気で。

でも、私が辛く苦しそうな時は背中を優しくさすって、

大丈夫大丈夫。と言ってくれました。

長い間生きた人だから言える大丈夫が私にはわかり、

勇気付けられたものです。

是非、メッセージを受け取っていただければ

嬉しいです。

 

私はスピリットとみなさんをお繋ぎするために生まれてきました。←言ってみてドキドキ。

エネルギーとメッセージが多くの人に届きますように。

私もこれから力強くいろいろな場所に動いていく予定です。

✳︎本当の自分に生まれ変わるためのプログラム✳︎

Momoyo来日セミナー

2017年8月26/27日 詳細はこちらから.