Spritual Anatomy®によるスピリチュアルと心理学のセミナー・ワークショップ

私には、たくさんガイドがいます。

皆さんもきっとそうなのかもしれませんが、

私のガイドたちはそれぞれ別次元に存在するため、

その時繋がったガイドによって

メッセージや口調が違います。

今日繋がったガイドは、普段11次元に存在するスピリット。

やはり少し厳し目です。

 

11次元のガイドからみなさんへ

うっすらとでも、本当の私が求める幸せってなんだろう?

私はこの地球に来て本来やるべきことはなんだろうか?

 

と魂を感じさせる様な疑問にかられる人はぜひ聞いてほしい。

 

 

この地球に肉体をもって生まれた私たちの本当の目的は、

生活を快適に過ごすことではない。

しかし、ほとんどの地球上の人々は、

生活を快適にするため、

そこに労力を注いでいる。

 

 

 

なぜなら、私たちが生まれてきた目的を忘れてしまったからだ。

 

この世で今起きている出来事は全て

私たちの魂の目的のために起きている。

いわば、このストーリーは魂の目的のために用意された

カモフラージュなのだ。

それなのに、カモフラージュの内容を快適で自分のお気に入りの

ものにすることに一生懸命になている君たちよ。

 

さあ、魂の目的とはなんだったのだろうか?

思い出しなさい。

 

ある一部のライトワーカーと人間の姿をした宇宙人を除けば、

すべての人間に共通した魂の使命がある。

 

 

それは、

霊性を高めることだ。

 

 

霊性を高めることというのがピンとこない人もいるだろう。

 

霊性を高めるとは、

意識のレベルをあげること。

つまり、人間として生き物として賢くなることなのである。

 

 

人間として賢くなるとはどういうことだろうか。

それは、

”愛”で生きられる人になるということだ。

 

”愛”で生きる。

 

 

これほど難しく聞こえて簡単なことはない。

自分のことばかり考えず、

自分以外の人のこと、動物のこと、自然のこと、この地球のこと、

これらのことを考えて行動ができる人のことである。

そして、自身の魂の目的に忠実に生きることである。

それが自分への愛なのだ。

 

 

 

もっと金持ちになりたいだの、

病気を治して欲しいだの、

子どもの不登校がどうだの、

もっと楽に生きたいだの、

もっとワクワクしたいだの、

もっと良い仕事につきたいだの、

ストーリーの内容に対する不満ばかりだ。

 

 

もう一度言う。

今,目の前にある環境や状況は、

自分の霊性を高めるために最高のストーリーなのだ。

今やるべきことは、そのストーリーを良くすることではない。

霊性を高めるためのストーリーなのだと目覚める必要がある。

そして今すぐ、己という人間を学ぶのだ。

自身を学ばずして意識を高めることはありえない。

 

 

今日は、このような少し強めのメッセージが降りてきました。

でもね、私このメッセージにはとても愛があると感じました。

それはね、

魂を喜ばせることが

私たちの本当の幸せだからなのです。

 

人間部分の私たちを喜ばせても、

一時的であり、またすぐに次の幸せを探してしまって、

真に幸せにはなれないのです。

真に満たされはしないのです。

 

 

Spiritual Anatomy®もね、

魂の霊性を高めるために一生懸命に頑張ってくれる人を

ストーリーから目覚めさせるためのものなんです。

 

でもね、

誤解も多くてね。

生活が快適なるためのツールだと思っている人が多いの。

セミナー会場でぶっ倒れて

起きかがったら、そのあとはどんどん人生が快適な方向に

転がるんだって思っている人も多い。

 

でも、それは違う。

セミナーでぶっ倒れたら、そのあとはストーリーから目覚めて

魂の目的のために霊性を高めて欲しいの。

 

ああ、ストーリは自分の成長のためにあったんだと気づいて欲しい。

そして気づいた人から自分の魂が決めた、

霊性を高めることをやってほしい。

 

 

私ね、またいつか本にでも詳しく書けたらいいなと

思うんだけれど、

キリストがはりつけになっているところを

遠い空から見ていた記憶があるのね。

 

その光景はとても悲しい光景だった。

彼は身体を張って光を放っている。

けれどその光の意味が全く人間にはわからない、伝わらない。

という光景なんだよね。

彼の貼り付けが無駄になっている光景がすごく残念だな。

って眺めている風景。

 

 

Spiritual Anatomy®でさ、光を流したり、

龍を降ろしたりするんだけれど、

これはね、高次元の存在がなんとか分かりやすい形で

皆さんに降ろしてくれるのです。

しかし、それには膨大なエネルギーを要します。

だからそう簡単ではないの。

無駄打ちはしたくないんだということも言いたいの。

なぜなら、時々その光の意味が違って伝わっている気がする時があるの。

その時にね、キリストがはりつけになっているあの光景を思い出す。

 

 

光は、みんなの生活を快適にするものではないんだよね。

でも確実に皆さんを真の幸せへと導くものだと思います。

 

 

この2つの意味の違いが

一人でも多くの人に届きますように。

もう、本当の本当に、あまり時間がない。

 

 

新月セッション
〜 ドラゴンに出会ってお願い事を叶える〜

セッション日: 2月12日−23日 (スカイプ) キャンセル待ち

詳しくはこちら

 

 

Spiritual Anatomy®ドラゴンゲートセミナー

セミナー日程:3月30日ー31日

詳しくはこちら