Spritual Anatomy®によるスピリチュアルと心理学のセミナー・ワークショップ

スピリチュアルは体感するの

スピリチュアルは体感するの

11月26日には、 ロンドンでドラゴンヒーリングのワークショップを行いました。 実はイギリスでは、これまでアカデミックな心理療法をメインにしたイベントしか 行って来なかったので、ドラゴンヒーリングをやると決めて とてもドキドキしていましたがやはり時代なのでしょうか。 80名もの方がワークショップワークショップに参加してくださいました。 笑ったり泣いたり回転したり。 大の大人が子供のように無邪気に龍と遊ぶ姿には感動しました。   そして次の日には日本に飛び立ち、 12月2日、3日の2日間に渡り福岡で、...
インプラント

インプラント

これまで脳は単なるアンテナにしか過ぎないというお話を何度かさせていただきました。 私たちが真に幸せ感を得るには、 脳を幸せなチャンネルとつないであげることです。 今ある状況や環境を変えることでも、その時はそれなりに幸せを感じるのかもしれません。   例えば、甘いものが食べたいなと思って 甘いものが食べられた時、すごく幸福感に包まれますね。 このお洋服が可愛いから欲しいなと思って 頑張って働いてその服が買うことができたら すごく幸せな気持ちになりますね。   でもね、その幸せ感は中毒性があります。  ...
使えるヤツと使えないヤツ

使えるヤツと使えないヤツ

昨夜は、ギリシャ人のお友達家族が 遊びに来てくれていました。       私は、文化や考え方の違いの意見交換をするのが大好きで。 私たちの考えは往々に文化とリンクしていることがあり、 そうか、そういう文化もあったのか! つまりこの人たちはこういう考え方をするのか! という発見が大好きなんです。 そして、自分と全く違った考え方を人から聞くと、 自分の思考がぐにゃぐにゃになり、 頭の良い体操になります。 私たちの思考は、 自分が認識しているよりもはるかに凝り固まっていますから、 時々頭の体操は必要ですね。...
サナトクマラからのメッセージ

サナトクマラからのメッセージ

私に起きた不思議 私は14歳から26歳まで摂食障害に 侵されていました。 かなりいろいろな治療を試みましたが、 治る兆しは全くなく、この病気と一緒に生きていく覚悟が できた矢先に、本当の自分に目覚めるという体験をします。 その体験は誠に不思議でなかなか言葉で表現することができる ものではありません。     その不思議な体験をした日以来、 スーーっと私の摂食障害が消えたのです。 そしてそれだけではなく、 何者かとの会話が始まりました。 会話は約2年ほど続きました。    ...
たましいの目的や使命ってなに

たましいの目的や使命ってなに

たましいの使命とか目的を教えて下さいと聞かれることがよくあります。 多くの人は、やり甲斐のある仕事に就きたいという思いから この質問に辿り着くのではないかと思います。 私も仕事でやり甲斐を感じていなければ、 すぐさまスピリチュアルティーチャーのもとに走って行って 同じ質問をしたと思います。 私たち人は、 自分にしかできない事が出来ている時や、特別な存在だと感じている時に、 これらに生きている喜びを感じやすいものです。 ですから、使命や目的を知ってそれに突っ走りたい気持ちも よくわかります。...