Spritual Anatomy®によるスピリチュアルと心理学のセミナー・ワークショップ

プラクティショナーのトレーニング中の皆さんから、

“ももよさん、Spritual Anatomy®って何ですか?って聞かれると答えられませーん!”

とよく言われます。

彼女達は充分すぎる程、SAがどんな効果をもたらし、

人々をどこへ連れて行くものであるかを知っています。

だからゆえとも言えるのでしょう。

このワークが言葉で言い表せないんですね。

 

私もほんの最近まで、

あなた何する人?って聞かれても、

上手に説明する事ができませんでした。

 

その理由は、セッションやセミナーの時に、

何かをするって事があり得ないからなんです。

 

何かをするのではなく、

“何かが起こる” なんですね。

 

そしてそこに私達がどうなっていくだろうという

答えも無ければ、予測もつかない。

知っているのは魂と宇宙だけ。

 

このワークは受けた人にしかわからないですね。

答えが知識として入ってくるのではなく、

思考がない世界に放り投げられるため、

全くの体感だけになってしまうのです。

つまり、体感した人にしか、

思考の外側や高次元の体感がわからないんですよね。

 

だからプラクティショナーさんたちが、

それを体感していない人々に、

体感の説明をするというのは確かに、至難のワザでしょうね。

そして説明の意味の無さをまた彼女達が一番知っているからとも言えますしね。

 

必要な情報が全て宇宙から

降ろされ、それにチャンネルを合わせ、上手に

それを受け取りながらただリアクションして行くだけのワークです。

降りてくるものは全て光であり大きな愛です。

私達はその大きな愛に触れるだけで、

真の自分を思いだす事ができます。

真の存在に目覚める事ができるのです。

SAはそんなワークです。

 

私は彼女達に、ほとんどやり方を教えてはいません。

そうではなく、彼女達のなかに眠っていた真の姿を目覚めさせ、

そこと宇宙の魔法使いとも呼べる存在たちと繋いで行くのが私のお仕事です。

すると彼女たちはその存在にアクセスするだけで

いつでもパワフルな魔法が彼女達に降りてくるのです。

 

とても信じられないお話ですよね。

肉体を持たない存在の中には魔法使いがたくさんいます。

私はその一番パワフルで力のある魔法使いとともに、12歳まで過ごしてきました。

しかし、年頃になり肉眼では見えない存在と話をするのは、頭がおかしいのではないかと思うよ

うになり、そんな自分をとても否定するようになりました。

その頃から、コンタクトが途絶え、私は拒食症になりました。

次第に、コンタクトをとっていた事さえも私の記憶から消えて行きました。

ちょうどその頃から、私はひどい過食と嘔吐を繰り返すようになりました。

COCOROも身体ももう本当にボロボロになり、

あと半年生きられるのかな?私?

なんて思っていた頃に、娘を授かりました。

 

私は妊娠9ヶ月間、トマト以外何も食べる事が出来なくなりました。

周りの人から赤ちゃんのためにたくさん食べなさいと

美味しいものをごちそうされても、全部吐いてしまい、

何も食べる事が出来ず、何も受け付ける事が出来ず、

唯一スーパーに売っているオーガニックの

トマトだけがキラキラルビーのように見え、

美味しい美味しい、世の中にこんな美味しい食べ物があったなんてと1日に何個もトマトだけを

食べました。

 

そんな状態でしたから私は9ヶ月間ほとんどベットで過ごすというとても苦しい妊婦生活を

送りましたし、娘がお腹の中でちゃんと生きているのかが不安でなりませんでした。

しかし娘は私のそんな状態から生まれたとは思えない程、健康優良児でとっても大きくめちゃくちゃ元気に生まれました。

病気や熱を出す事も無く、

すくすく元気に育って行きました。

 

彼女が半年を迎える頃、

私はカルマが気になって仕方がありませんでした。

彼女の成長を感じる度、カルマの事以外考えられなくなり、

早くこのカルマをなんとかしなければ、

この子が大変な事になってしまう。

どこからか湧いてくるこの不思議な思いは日々強まり、

私は自分のカルマを全て綺麗に掃除してやろう。

一つ残らず全部綺麗にしてやろう。

そう思い、取れつかれたかのように、

心理療法やセラピーを学び始めたのでした。

 

気が付くとなぜか私はカウンセラーになっていました。

 

カウンセラーになってまだ間もない頃、

私はクライアントさんの事をクライアントさんが私のところに

到着する前に、癒すようになっていました。

だからクライアントさんがたくさん悩みを持ってやってくるはずなのに、

セッションの時間になると彼女達の中でそれがもうどうでも良くなっているという事が

しょっちゅう起こるようになりました。

私はその出来事に出会うたび、

何か忘れているようで、思いだせない。

そんな感覚になりました。

そんなある日、私は巨大な光の玉に打たれ、5時間程

床にぶっ倒れていました。

 

そこで私はあの魔法使いの存在を思いだしたのでした。

あんなにずっといてくれた存在を否定し封印してしまった事を

申し訳なく思い、私は1日中泣きました。

そしてまた出会えた事を嬉しく泣きました。

 

それから2年間かけて毎日私の身体に

魔法とメッセージがセットになって届くようになりました。

それがSpritual Anatomy®の始まりです。

名前がついたのもわりと最近なのですけれどね。

私はこの魔法をこれからもたくさんの人に伝授していけるといいなと思っています。

そしてこの魔法を使って、多くの人が真の存在に、真の人生に、

目覚める事が出来るといいなと思っています。

 

来週から日本に行きます。

皆様にセミナーやセッションでお会いする前に、

プラクティショナーさんとのトレーニングを行ったりしています。

 

プラクティショナーさんの真の部分を開けてみると、

得意な魔法分野が皆違っていてとても面白いです。

一言でプラクティショナーだと言っても、10人10色。

本当に、皆ワークが様々で、彼女達が一緒に仕事をしている魔法陣により、

また彼女達の役割によっても、ワークが異なっていて面白いです。

 

皆さん、日本で会いましょう。

とても楽しみにしています。

 

アチューメントセッション(一度につき10名 )

東京  7月4日 、5日 10時〜12時(満員御礼 キャンセル待ち)

大阪  7月10日 16時〜18時 、11日10時〜12時(満員御礼 キャンセル待ち)

詳しくはこちら

 

ドラゴン(龍)アチューメントセッション(一度につき10名 )

東京  7月4日、5日  14時〜16時(満員御礼 キャンセル待ち)

大阪  7月11日 14時〜16時
(満員御礼 キャンセル待ち)

詳しくはこちら

 

アチューメントセミナー  2DAYS

東京  7月18、19日 10時30分〜16時30分

詳しくはこちら

 

 •龍のセミナー 1DAY

東京  7月20日 11時〜16時

詳しくはこちら

※龍を一人一人ダウンロードするものでは

ございません。龍をダウンロードし、龍的意識に目覚めたい方、

こちらのセミナーと合わせて、龍のアチューメントをお受け下さい。

 

お申し込み先

momoyoworks@hotmail.com

※これまでとお申し込み先が異なっております。

お間違えないようにお申し込みお願い致します。

※事務局へのお問い合わせやお申し込みで

大変混雑が予想されます。

お申し込みの際、日程、時間、タイトル、 等を

お間違えのないようにしっかりとご記入の上、お申し込みをお願い致します。